Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/rene-russo.org/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
銀行の融資、審査結果はどんなふうに決まるんですか | 中央リテールの来店審査よりも簡単すぎる!?サラ金は断然ここ!

銀行の融資、審査結果はどんなふうに決まるんですか

最近、知り合いが銀行系のカードローンに申し込んだそうです。細かい条件とかは聞いていないのでわからないのですが、あえなく撃沈してしまったらしく、その人の愚痴を聞いていてふと思いました。

今まで何気なく申し込みをしてキャッシングやクレジットカードを使っていますけど、銀行の融資、審査結果はどんなふうに決まるんですか。

確実にこう決まっている!という答えはありません

ご質問ありがとうございます。そして、ズバリとお答えできないのが非常に心苦しいのですが、「銀行はこうやって審査をし、こうやって審査結果を決めているんだ!」と断言することはできないのです。

なぜなのか? といいますと、審査の方法や審査結果の出し方を開示してしまうと、厳正な審査をすることができなくなってしまうからです。お金を借りようと思った時に提出する書類には、基本的に真実が書かれていなければなりません。ですが、ふざけてウソを書いたり、都合の良いことだけを書いたりすることは可能です。

審査についてのあれこれが公になってしまうと、本当のことを書いて審査結果を待つ、という現在の状況が崩れてしまい、適当でも良いから銀行の融資、審査に通るように書類を用意してしまえ、となってしまいかねません。

いわば金融情報のカンニングが横行してしまうようになると、審査をする側の銀行は、より厳しく審査基準を締め上げるか、人手やお金をかけてより正確な審査をしなくてはいけなくなります。

そうなると、当然コストがかさむ分返済時の金利は高くなりますよね。知られてしまうと良くないことが多いため、基本的にこうした情報は公開されていないのです。

ただし、融資やキャッシング使われるようになって数十年、その間に蓄積された情報はいくらか出回っています。ブラックリストにのっているとどんな借り入れも、ローンも組めないなんていうのは皆さんご存知のことだと思います。

これは、各金融会者が審査を行う際に開示する、信用情報に事故という文字があるかどうか、というところから来ています。借りたお金を踏み倒したとか、返済が遅れているなどの重大な金融事故を起こしている方の信用情報には、少なくとも10年はその情報が残ります。

銀行も、こうった情報をチェックしています。

基本的には、銀行であれ消費者金融であれ審査の流れというものは大きく変わりません。独自の審査方法や、審査基準がある場合もありますが、そこは個性と言って良いでしょう。

銀行の融資を受けたいと考え、申し込み書類に記載した個人の年収や居住地、勤め先、勤続年数、ポジションなども、審査の対象になりますよね。

ものすごく高収入の方でも、自営業や会社の社長であれば、いつその収入がなくなるかはわかりません。ですが、例えば大手インフラ系の社員で、しかもそれなりのポジションについている方であれば、年収以外にその企業が潰れない、という収入の安定性も評価されるようになります。

それぞれの銀行ごとに、そして申し込みをするプランごとに、さらにいくらの融資を申し込むかによって、どんな審査をどれくらい行うかは変わります。

5万円を貸すための審査と、5000万円を貸すための審査を同列に扱っていては、すぐに貸した資金の回収ができずに銀行が潰れてしまうからです。

銀行の審査結果についての情報は、手元の書類と申し込み条件から想像するしかありません。

今では銀行の融資における審査結果も早くなっています

人によっては、金融業者から融資を受けないといけない人もおられるかと思います。ですが、銀行の融資の審査結果も随分と早くなっているので、昔のように1週間ほど待たされるということもありません。そもそも、今では融資の際にそこまで細かいことを見られるわけでもありません。

例えば、返済能力がそうです。昔は、その会社の業績などを見て融資を検討されていました。個人の借入の場合には年収や勤務年数です。しかし、最近では銀行などであっても支払などの実績をデータベースで見れるようになっているのです。つまり、そちらの情報を開示して問題がない・・・のであれば、返済能力があると判断してくれるようになっているのです。このような一面もありますので、自分には返済能力があるのを猛烈にアピールしなくてもOKです。

次に、担保能力ですが・・・そもそも銀行は融資=担保が必要とは見ていません。今までは、銀行側が融資をする際の金額が異様なほど高かっただけです。どこかの業者に対して数百万どころか数千万円貸しているわけですから、どう考えてもおかしい金額です。ですが、現代では融資の際には決められた金額までで貸す・・・という流れになっています。

なので、500万円ほどまでであれば実を言うと担保などがなくても貸してくれる銀行は多いのです。それと、銀行の融資の審査結果はスピーディーにもなっていますので、短期集中で返済が可能な融資を受けてみるのも手でしょう。こちらであれば申し込みをしてから1日ほどで審査結果が出ますし、すでに借入をされている場合には一本化してくれるサービスまであります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 中央リテールの来店審査よりも簡単すぎる!?サラ金は断然ここ! All Rights Reserved.